お茶くみの際のマナー

事務員や秘書として働いている場合には、お茶くみをすることも多いことでしょう。特に新人のことにはお茶をくむ仕事をすることが非常に多くなります。しかし、お茶を組む際には、マナーがたくさんあり、それを守らないといけません。

来客者が来た場合には、来客者に対してお茶を出すことになります。この際には必ず先に来客者にお茶を出すようにします。来客者にお茶を出したあとに自社の社員に対して出すようにします。

お茶菓子を出すこともあるでしょうが、お茶菓子はお茶の左側に置くようにします。お茶やお茶菓子を出すときには、来客者にお茶やお茶菓子がかからないようにしなければなりません。

また、来客者にお茶を出すときには、必ず声をかけるようにします。「お茶をお持ちしました」と一声かけてお茶を出すようにするのです。

退出するときには「失礼します」と声をかけて退出するようにします。しかし、会議が行われている場合には、声を出さないようにし、出口付近で軽く頭を下げて退出するようにしてください。